お肌の乾燥対策&6のスキンケアアイテム

肌の保湿ケアはカサつき、かゆみなどの肌の乾燥をすべすべな肌に整えるのを手伝ってくれます。

でも、数多くある保湿アイテムからどのように自分にあったものを探したらしいのか?

こういう時は大体が個人的な好みが問題になってきます。きっとあなたは数多くあるスキンケアアイテムから何点か自分に合いそうなものを手にとって選んでいますよね?

これからお話しする、6のベスト保湿アイテムをチェックしていただき、どのように自分の肌にあった保湿アイテムを選ぶべきか、確認して見てくださいね。

保湿ケアアイテムベスト6

1. Andalou Naturals Purple Carrot + C Luminous Night Cream

アンダルー ナチュラルズ パープルキャロット+C ナイトクリーム

 

アントシアニンに豊富の紫にんじんが表皮の酵素バランスを整え、シミやくすみを取ります。ビタミンB3が豊富のアボカド油が就寝中肌に栄養と潤いを与え、美白肌に導きます。

Andalou Naturals(アンダルー ナチュラルズ)からのナイトクリームで肌の細胞の表面を集中的に再生化してくれます。

肌に簡単に浸透し、就寝中に肌の色を活性化してくれます。

This night cream from Andalou Naturals focuses on renewing surface skin cells. It’s easily absorbed into your skin and works overnight to revitalize your complexion.

 

2. Nivea Soft Moisturizing Creme

 

乳液のようなサラッとした使用感で、全身に使える素肌にここちよい感覚のスキンケアクリーム。

乳液のようなサラッとした使用感で、顔や身体や手などの全身に。肌に心地よい感覚のウォーターベースのクリームです。
植物性天然保湿成分「ホホバオイル」配合。肌の内側(角層)に保湿成分がすばやく浸透。ベタつかずにうるおいが長続き。
顔、腕、脚、ひじ、ひざなど全身に簡単にのばして使えます。

3. The Body Shop Oils of Life Revitalising Sleeping Cream

ボディーショップ  オイルズオブライフ インテンスリー リバイタライジング スリーピングクリーム

貴重な3種(ブラッククミン、カメリア、ローズヒップ)のシードオイルと7種のエッセンシャルオイルを贅沢に配合した夜用フェイス&ネック保湿クリームです。

なめらかでとろけるようなジェリー状のクリームが眠っている間中お肌に美容成分をしっかりと閉じ込め、しなやかでベルベットのような柔らかい肌に翌朝出会えるクリームです。

贅沢な使い心地で、年齢の現れやすい首やデコルテまで心地よくお手入れができます。

4. Kiehl’s Ultra Facial Deep Moisture Balm

キールズ モイスチャーバーム UFB

@cosmeベストコスメアワード2016 上半期新作ベストオイル・バーム 第2位
肌本来のバリア機能(角質層)をサポートする、エーデルワイスエキス(保湿成分)配合。特に乾燥が気になる肌にも、必要な潤いをしっかり届けます。

5. Eucerin Dry Skin Replenishing Cream

Eucerin乾燥肌補修クリーム

このクリームは5%尿素を配合しており、それが肌の再生に働きかけ、乾燥から助けてくれます。

また、昔の研究によると、尿素は水分の蒸発を軽減してくれ、保湿してくれるそう。

6. Avene Hydrance Optimale Riche hydrating cream

アベンヌハイドランスオプティマルリッチハイドレーティングクリーム)

アベンヌの温泉水を配合した、リッチでクリーミーな、すっと浸透するモイスチャライザーです。独自の技術が肌を修復し最大限に保湿します。

ノーマル〜ドライスキン用。

使い方:朝晩清潔にした顔と首にお使いください。

どのように正しい保湿剤を選んだらいいのか?

大体の乾燥肌用の保湿剤は、粘土質が高かったり、クリームベースのものが多い。
香料を避けるも、自然成分のみを使用したものを選ぶも自分次第。一番重要なのは、自身が抱える肌問題にちゃんと効果のあるものか、よく考えられた成分でできたものなのかを見極めることだ。

もしかすると、自分に合うプロダクトに出会うまでは、若干トライ&エラーのようなものになるかもしれない。ある研究では、特定の成分にこだわるよりも毎日同じ成分の保湿剤を使うことの方が重要だということがわかっている。ただ、研究ではその保湿剤にはセラミドとアクアポリンが含まれていることが条件担っている。

重要なのは、以下の成分が含まれたものを選ぶこと。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • グリセリン
  • 尿素
  • 抗酸化物質
  • アクアポリン
  • 植物性バター、植物性オイル
  • サリチル酸

 効果的な保湿。

健康的な肌を目指すには、保湿剤をしっかり選ぶこと。どのように保湿するかももちろん重要。

効果的な保湿方法

  • お風呂の後、まだ肌がしっとりしているときに保湿をしましょう。
  • もし敏感肌であれば、尿素や染色物、香料がないものを使いましょう。
  • 新しい商品を使う前にパッチテストをしましょう。
  • 信頼するブランドから購入しましょう。Buy from a reputable brand you trust.
  • 洗顔する際は、熱い温度ので洗うのは避けましょう。Avoid extra hot water for showers and when washing your face.
  • 毎日200mlのお水を8回飲むようにしましょう。
  • 夜は加湿器を設置し、日中も小型のものをデスクに置くようにしましょう。
  • 保湿を1日に2回行うようにしましょう。
  • さらに効果を上げるために、保湿の前に美容液を追加するようにしましょう。
  • もし、より乾燥肌であれば、ローズヒップオイルかホホバオイルを保湿剤に混ぜて使いましょう。
  • ただ、常時混ぜてしまうと、重すぎるのでより乾燥を感じた時だけにしましょう。

No Comments

Leave a Comment

four × five =