-番外編- 日焼け止めの選び方

紫外線が気になる季節になりました。

どれを選んだらいいのかわからない!という方のために日焼け止めを調査してみました。

まず、日焼け止めを購入する際に確認するのが数値SPFの数値をPAの数値ですよね。

ほとんどの方が、数値が高ければ良しというものではないことはご存知だと思います。

もし、まだご存知でない方のために****

【SPFとは】

サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、肌に赤みや炎症をおこす、UV-B(紫外線B波)を防ぐ数値。

この数値はSPF1~50+まであり、UV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しています。

ちなみに、紫外線が当りだしてから日焼けしてしまうまで、だいたい15分~20分といわれており、日焼け止めを塗ることにより、

SPFの数値分黒化を遅らせることができるのです。

例えば、SPF20ならば、20倍、SPF30ならば30倍の時間分、肌を保護できるということになります。

個人差がありますが、15分で日焼けする方であれば20(SPF20)x15分、30(SPF30) x 15分に延長できるということです。

【PAとは】

プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安のことで、

肌が黒くなる反応をどれだけ防げるかを示すもの。

4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高くなります。

上のグラフにあるように、シーンや時間に合わせて日焼け止めを使い分けするのがベスト。

 

 

 

 

 

No Comments

Leave a Comment

17 − 10 =